読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田空港を応援したい。

成田空港を(勝手に)全力で応援するブログです。空港、飛行機のことを中心に役立つ情報を書いていきます(*^ω^*)

地方から幕張メッセに行くなら成田空港経由をオススメしたい3つの理由

こんばんは、なりっぴです。

昨日は全身全霊で成田をフィーチャーする記事を書きました。

narita.hatenablog.jp

 

今日は幕張に行くなら成田空港経由も早いよ!というお話です。

 

さて、日本有数のイベント会場・幕張メッセ。今月だけでもジャンプフェスタ、ももいろクリスマス、COUNTDOWN JAPANと、大規模イベントが目白押しです。

幕張メッセは、千葉市の中でも海の方、JR京葉線海浜幕張駅が最寄り駅です。他にも海浜幕張駅周辺には、イオンモール幕張新都心や、コストコ幕張店、三井アウトレットパーク幕張など、大規模商業施設がたくさん。

そんな海浜幕張に首都圏以外から行くという方、大多数の人は羽田空港まで飛行機で行き、そこからバスか電車で行くんじゃないかと思います。

そこで今回は、あえて成田空港から幕張に行くメリットを挙げてみます!

 

1.早く行ける!

成田空港から海浜幕張駅までは、京成の高速バスで最短33分(第1ターミナルから海浜幕張駅まで)。

しかも、ここで重要なのが、成田空港から幕張までほとんど高速道路が渋滞しないということです。

成田空港から東関東道を通って、海浜幕張駅の最寄りの湾岸千葉ICまで、ずっと3車線あります。しかもほとんどいつでも、事故や通行止めを除いて渋滞しているのを見たことがありません。

羽田から海浜幕張までも、高速バスで最短29分(第1ターミナルから海浜幕張駅まで)ですが、意外と空港〜有明あたりまで高速道路が混むことが多いんですよね。

渋滞を避けようと電車に乗ろうと思っても、最低2回は乗り換えることになります。しかも京葉線への東京駅での乗り換えはとても遠いし…

ただ、土日の午前中は最寄りの湾岸千葉ICの出口が渋滞することが多いので、10分くらい余分にかかることもあります。この時間帯に乗る方は時間に余裕を持ってお出かけを。

1.1 実際のところ、飛行機が着いてから幕張メッセまでどれくらい?

 そこまで成田からのバスをオススメするのは分かったけど、実際どれくらい見ておけばいいのか?についても書いておきます。

例:福岡から幕張メッセまで

2016年12月17日(土)、8:55福岡空港発のジェットスタージャパン500便に乗るとします。

定刻では、10:40に成田空港に着くことになっています。この便は少し遅れる傾向にあるらしいのですが(詳しくは下の記事を参照してください)、10:55くらいには飛行機から降りられるはずです。

ジェットスターは成田の第3ターミナルに到着し、預け荷物がなければ、11:05には到着ロビーに出られます。到着ロビーからバス停までは5分くらいかかります。そこで11:15に第3ターミナル発の京成バスに乗れば、12:05には幕張メッセ中央のバス停に到着できます。千葉の出口渋滞を考えても、12:20には幕張メッセにいられるのではないでしょうか。

 

ちなみに、乗る予定の飛行機が定刻に着くかどうか不安な方は、この記事も参照してください。

narita.hatenablog.jp

 

2.安く行ける!

2.1 飛行機が安い

成田空港には全国17の空港から国内線が就航しています。

http://www.narita-airport.jp/jp/access/air/

そのうち札幌・福岡・関西など12の空港からは、今話題のLCCも飛んでいます。

また、来年2017年の2月19日からは、成田を拠点とするバニラエアが函館線に就航し、全国13の空港と成田空港が結ばれることとなります。意外と成田と結ばれていたりするものですよ、あなたの住んでいる県の空港。

www.vanilla-air.com

LCCの魅力は何と言ってもその安さ。お盆や年末年始などを除けば、全国どこからでも片道1万円以内で気軽に旅行できます。

2.2 空港からも安い

f:id:narippi:20161216214941p:plain

成田空港に着いたら、幕張までは迷わずバスに乗りましょう。

空港から海浜幕張駅までは片道900円です。

ちなみに羽田空港から海浜幕張駅まではバスで片道1150円、電車でも経路によりますが1000円前後かかります。

海浜幕張駅だけでなく、バスによっては直接幕張メッセ内のバス停まで行く便もありますし、周辺のホテルに停車する便も多くあります。

それらのバス停へも成田空港からなら同じ900円で行けます。

 

3.バスの本数が多い!

f:id:narippi:20161216214941p:plainf:id:narippi:20161216214941p:plainf:id:narippi:20161216214941p:plain

ビジネス需要が多くある羽田空港から海浜幕張駅までの路線は、なんと空港発で一日47本も運行されています(海浜幕張駅周辺には企業の本社も多くあります)。

一方の成田空港からも、それに負けない一日29本が運行されています

上にも書いたように、直接幕張メッセまで行くものもありますが、時間帯によっては幕張メッセのバス停に停まらないものもあります。

成田空港からバスに乗るには、到着階にあるバスカウンターでチケットを買う必要があります。

第1ターミナルと第2ターミナルには「京成バス」と「リムジンバス」の2つのカウンターが並んでいますが、海浜幕張に行くには「京成バス」のカウンターでチケットを買います。

第3ターミナルには、バスのカウンターは1つしかありませんので、そこでチケットを買います。

カウンターでは、「幕張メッセにバスで行きたいが、直近のバスが幕張メッセに停まらないなら海浜幕張駅まで」と伝えてチケットを買いましょう。

※ちなみに、バスが幕張メッセには停まらないけど「ホテルニューオータニ」には停まるという場合には、海浜幕張駅で降りずにホテルニューオータニで降りたほうが、幕張メッセに少し近いです。

空港発のバスは、飛行機が遅延したなどの理由で乗り遅れることを防ぐため、予約ができません。到着後にカウンターでチケットを買いましょう。

3.1 バスが混んでいたら

たまにですが、幕張メッセで大きなイベントがあるときにはカウンターに行くと「直近の便は満席です」と言われてしまうことがあります。

そんなときは、その次の便のチケットを買い、ダメ元でバス停に行ってみると案外乗れることもあります。その直近の満席の便のチケットを持っていた人が、同じようにバス停に行ってそのまま一つ前の便に乗っていく場合があるからです。

もちろん本当に満席で乗れなくても文句は言えませんが、急ぐ場合にはバス停に行ってみてもいいかもしれません。

 

幕張メッセのイベントに行くという方、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

お読みいただきありがとうございました。それでは次回の記事もよろしくお願いします。