読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田空港を応援したい。

成田空港を(勝手に)全力で応援するブログです。空港、飛行機のことを中心に役立つ情報を書いていきます(*^ω^*)

A380「ホヌ」とラオスと下地島と〜今週気になったニュース(2017年3月第2週)〜

ニュース

こんにちは、なりっぴです。

今週もいろいろと気になったニュースなどをお伝えしたいと思います!

 

 

 

ANAのA380特別塗装機のデザインが「ホヌ」に

A380型機 特別塗装機が「FLYING HONU」に決定!|プレスリリース|ANAグループ企業情報

ANAが2019年春に導入する、世界最大の旅客機エアバスA380の特別塗装のデザインが決まりました。

ハワイ語でウミガメを意味するホヌという言葉からから「FLYING HONU」という愛称で呼ばれるようです。

 

上記のANAのプレスリリースには、

ANAグループは、2019年春より東京=ホノルル線へ導入する世界最大の旅客機エアバスA380型機の…

と書いてあり、「東京」ということは羽田からの可能性も残しているのか…?と一人でざわつきましたが、Aviation Wireの記事には、

投入路線について、篠辺社長は「成田-ホノルル線から。羽田は滑走路など制約がある」と述べた。

ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航

 と書いてありほっと肩をなでおろしました。

 

成田には今月末からエミレーツもA380を再投入するためかなり楽しみです!

www.love-narita.com

 

成田からラオス直行便が就航!?

ラオス国営航空、成田へ就航検討 長崎経由の三角運航

ラオス国営航空が成田への就航を検討しているそうです。ラオス→成田は直行便、帰りは長崎経由とのこと。

帰りはなぜ長崎…?長崎ラオス友好協会というのがあるようですが。

衆議院議員の冨岡さんのブログには今年の2月にラオスの運輸副大臣とラオス国営航空の方が長崎空港を視察したとも書いてありました。

ラオス副運輸大臣来崎歓迎会−成田−(長崎)−ラオス―-冨岡勉の活動報告

 

ラオスはベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー、中国に囲まれた内陸国です。

日本政府観光局の統計によると、2014年に日本からラオスを訪れた人の数は44,877人。*1

同じ年で言うと、ミャンマーが一つ上で約83,000人、ラオスの次はスリランカで約39,000人です。

f:id:narippi:20170311184227j:plain

 

一方、2015年にラオスから日本を訪れた人の数は4,966人だそうです。*2

合計すると年間の行き来は50,000人くらいですね。

 

ラオス国営航空のサイトによれば、ラオス航空のA320は158席もしくは142席仕様とのことなので、週1往復とすると150(席)*2(往復)*52(週)=年間で15,600席の供給力になります。搭乗率7割を目指すと10,920席。

なんとなく週2,3往復くらいでしょうか…?

上の統計でラオスと同じくらいのスリランカ。日本からスリランカへの唯一の直行便は、スリランカ航空の成田=コロンボ線です。こちらは週4往復あります。ただスリランカはハネムーンに人気のモルディブへの乗り継ぎが便利なので、週4往復でもお客さんが乗るのかもしれませんね。

 

下地島空港の整備で三菱地所が沖縄県と合意

this.kiji.is

ANAとJALがパイロットの訓練空港として使用していた下地島(しもじしま)空港。下地島は沖縄県宮古島のすぐ近くにある島で、すぐ隣には伊良部島があります。伊良部島とはほぼ陸続きのようなものです。

伊良部島は、2015年に伊良部大橋が開通したことで宮古島とつながり、下地島空港から宮古島中心部までは車で30分ほどです。

私も一度行ったことがありますが、海がめちゃくちゃきれいです!

f:id:narippi:20170311190717j:plain

 

下地島空港はパイロットの離着陸訓練のために使われているだけあって、滑走路の長さが3,000mもあります。宮古島の宮古空港は2,000mしかないため、長距離便の発着には長さが足りず国際線の就航がありません。

そのため、三菱地所は宮古島エリアへの国際線の誘致を目指しているようです。

開業は2018年の10月を目指しているようです。成田から下地島へバニラエアやジェットスターが飛ぶ日も来るのでしょうか?楽しみです。

 

今週はこんな感じでした。それでは!

 

今日の新発見:プレーンヨーグルトにカルピスの原液をかけて食べるとめちゃくちゃおいしい。

 

 

カルピス <希釈用> Lパック 1.0L

カルピス <希釈用> Lパック 1.0L

 

 

 

過去のニュース記事

www.love-narita.com