読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成田空港を応援したい。

成田空港を(勝手に)全力で応援するブログです。空港、飛行機のことを中心に役立つ情報を書いていきます(*^ω^*)

成田空港のJALスマイルサポートカウンターは子連れならぜひ利用したい

子供連れで成田から海外に行くなら、ぜひ利用したい!

JALスマイルサポートカウンターでチェックイン

成田空港でのJALのチェックインは、基本的に搭乗するクラスごとに分けられている。

ファーストクラス利用者は赤じゅうたんの敷かれた高級なカウンターでチェックインができ、以下ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーそれぞれにチェックインカウンターがある。JALの出発便の多くが夕方に集中するので、15時〜17時頃はエコノミーのカウンターを中心に非常に混雑する。

一方で、体の不自由な人や手伝いを希望する人、小さな子供を連れた人向けの、スマイルサポートカウンターというのもある。

こちらは比較的空いていることが多いので、自分が対象となる場合にはぜひ利用したい。

f:id:narippi:20170502145141j:plain

私たちも今回6ヶ月の子供を連れていたのでこちらを利用したが、混雑する時間帯にもかかわらずタイミングによっては全く人が並んでいないときもあり子連れには優しかった。(ビジネスクラスのカウンターでさえ10組くらい並んでいた)

f:id:narippi:20170502153857j:plain

ベビーカーの貸出あり

子供連れにとっての必須アイテム、ベビーカー。

食事をするときや寝てしまったときに子供を寝かせておけるだけでなく、自分たちの荷物を乗せたり引っ掛けたりと、かなり重宝する。

ただし、飛行機に乗るときにはベビーカーはそのまま客室には持ち込めず、搭乗口で係員に預けて貨物室に収納してもらう必要がある。

このカウンターでは搭乗口まで持っていけるベビーカーを貸してもらえるので、自分たちのベビーカーは預けてしまえる。しかも現地で優先的に出てくるようにタグをつけてくれる!

f:id:narippi:20170502152551j:plain

座るところはリクライニングするので、首が座ったくらい(3ヶ月頃)から使えると思う。上の写真の子は身長約70cmなので参考にしてほしい。

座るところの下に荷物が載せられるし、子供をだっこしているときには座る部分にも結構な量のカバンを積めるので、夫婦で移動するのにかなり便利だった。子供がいるととかく荷物が多くなりがちなので。

座ってチェックインできるブースも

f:id:narippi:20170502154818j:plain

カウンターの右半分には座ってチェックインできるように低いカウンターと椅子も設置してあるし、広いカウンター前スペースには同行者が座って休めるようなソファーもある。

子供が飽きないように小さいテーブルと椅子、おもちゃや絵本も置いてあって至れり尽くせりだ。必要な人にはベビーカーだけでなく車椅子も貸してもらえる。

利用対象

JAL、成田空港チェックインカウンターをリニューアル!! | プレスリリース | JAL企業サイト

場所

成田空港3階出発階の、手荷物検査(南)のすぐ近くにあるので便利。

f:id:narippi:20170502153043j:plain

東京(成田) 成田国際空港 第2ターミナル/チェックインカウンター詳細図(空港情報) - JAL国際線

目の前にある南側の手荷物検査場には優先レーンがある。ただし、子供連れというだけでは利用できない。こちらはJALの上級顧客向けの優先レーンなのだ。

f:id:narippi:20170502154217j:plain

東京(成田) 成田国際空港 第2ターミナル/チェックインカウンター詳細図(空港情報) - JAL国際線

一方、上の図で言うと左側の手荷物検査場(北)には、子供連れや体の不自由な人向けの優先レーンがある。もし南側がとても混雑しているときにはそちらまで歩いていってもいいかもしれない。どちらの検査場を抜けても、第2ターミナルを出発する全ての飛行機に乗れる(しかもこちらから入ると70番台のゲートに近い)。

できればスマイルサポートカウンターの目の前にもこのタイプの優先レーンを設置してほしいのだが…

f:id:narippi:20170502153358j:plain

f:id:narippi:20170502153634j:plain

 

というわけでスマイルサポートカウンターの紹介でした。